どうしてドックフードは無添加がいいの?犬もアレルギーになる!


現在、ドッグフードを選ぶ際にも無添加ドッグフードというものが注目されています。

ドッグフードにも、ペットフード安全法という法律が存在します。

しかし、基準はやはり人間のものよりは緩く、海外のペットフードの基準よりも厳しくないものとなっています。

その為、人からしたらとても食べれないようなものや、添加物、薬が多々使われているものが残念ながら存在します。

人間と同様に、犬にとっても添加物は身体に害になるものなのです。

9071726

ドッグフードのお肉ひとつとっても、死亡したり病気だった家畜が使われている可能性、人間が食べない部位ばかりが使われている可能性があります。

他の原材料にしても、人間の食べない、もしくは食べられないものがほとんどというフードも存在するそうです。

何よりもやはり、添加物のかたまりと言われるようなドッグフードもあり、アレルギーや皮膚炎の原因になる可能性もあります。

そういった視点から、ドッグフードも無添加を選ぶという飼い主さんが増えてきました。

 

自然界に元々ないようなものを摂取してしまうのだから、犬が体調をおかしくしても不思議ではありません。

ドッグフードも無添加であるだけではなく、ヒューマングレードと言われる人間でも食べられる食材を使っているメーカーも誕生しました。

それだけしっかりしたフードであれば飼い主さんも安心できるのではないでしょうか。

愛犬のことを思うなら、無添加のドッグフードを選んであげたいものですね。

 

トップページへ

コメントを残す